スポンサーリンク




運転技術・知識

自動運転リスクとは?【実用化に向けてのマネジメントとアセスメントが超重要】

投稿日:

自動運転 リスク

現代科学は、
ついにここまでやってきましたね。

そう、自動車の完全なる自動運転の実用化についてです。

公道において自動運転が叶うのであれば、
どれだけ便利でしょう。

目的地をピッとセット、
あとは寝てるだけ~なんて。
それにむしろ操作も必要なく、
音声認識だったりして?

むぅ、
まさに近未来SFの世界の足音が、
ついそこまで来ているようですね。

しかし、
自動運転が実用化される時のリスクも当然想定出来る訳で・・・?

ということで、
自動運転リスクとは?【実用化に向けてのマネジメントとアセスメントが超重要】
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

自動運転のリスクを考える

自動運転と聴くと、
『ドライバーは何もせず快適で事故の無い安全な走行』
というようなイメージがありますよね。

それはそれで正しいのですが・・・

とは言えリスクだってある訳です。
それは・・・【システム依存】

これって自動運転に限らず、
現代において、
かなり深刻な問題になってきているのではないかと思うのです。

システム依存により引きおこるリスクは多数存在します。

  • マニュアル操作下の習熟度の低下
  • システムの不備が起きた時の対処
  • ハッキングやウィルス問題

順に見ていきます。

マニュアル操作下の習熟度の低下

「もう運転なんて出来ないよ!」と、
自動運転に慣れ過ぎてしまい、
普段から機械任せにしていた場合、
人間の技術ってドンドン衰えていくと思いませんか?

この現象って、
実用化がされていない自動運転ではなく、
既に実用化が成されている場面では、
もう起きてしまっていることなのかな、と思います。

例えばExcel。
元を正せば電卓。
そしてさらに元を正せばそろばん。

珠算の検定を持っている方ならいざ知らずですが、
私はそろばんなんか使えませんし、
増してや複雑な表計算や関数など、
そろばんでやれって言われても無理ですw

例えば炊飯器。
元を正せばコンロで鍋。
そしてさらに元を正せばかまどにお釜。

やってやれないこともないかも知れませんが、
私はかまどやお釜を使って、
炊飯器のように美味しくふっくらと炊き上げる術を持ち得ていません。

人類史における発明品は、
人間の暮らしを便利に豊かにするものではありますが、
反面、人間の技術は、
機械にとって代わられてしまう訳で、
衰退の一途を辿る、ということです。

 

スポンサーリンク

 

システムの不備が起きた時の対処

システムに依存していると、
システムにトラブルが起きた時に、
それが復旧するまでは、
まともに動かなくなってしまいます。

PCなんかは誰でも経験あるのではないでしょうか?

「んだよ、フリーズすんなよ!」
「勝手にアップデート/再起動始めるな・・・」
「急にソフトが落ちた!!」

自動運転と言わないまでも、
現在の自動車であっても、
時たま『コンピュータ不具合で修理が必要』なんてケースもありますからね。

ハッキングやウィルス問題

上記したように、
システムに依存する訳ですと、
ウィルスが入ってしまうリスクや、
遠隔的にハッキングされてしまうリスクってどうしてもあると思うんです。

自分の乗っている車が、
悪意のある第三者に乗っ取られてしまったらと思うと・・・・
ちょっと怖すぎますよね。

要人を狙った犯罪や、
自動運転を利用した犯罪などに利用されないか、
ちょっと心配ですね。

多大なるリスクがもう一つ・・・

メッチャクチャ重要な問題が残っています。
それは・・・【雇用問題】

自動運転が実用化され、
普及していったとすると、
この世の中から衰退していってしまう職業がかなりの数あるでしょう。

  • バスの運転手
  • タクシーの運転手
  • トラックの運転手
  • etc

実用されたら、
すぐになくなる!ということも無いでしょうけれど、
確実に淘汰されていく職業ですよね・・・

というよりも、
公道に出ない工事現場などでは、
既にトラックなどが限定的に実用されている事実もあります。

そしてさらに言ってしまえば、
免許制度も衰退してしまうかも?

先々、
自動運転車に免許が必要ないタイプの登場だってあり得ますよね。

現在のAT車とMT車の違いのように、
新たな免許区分が誕生する可能性もありますが、
教習所の売上が減り、
教官の雇用数も減ってしまうこともあり得るかも知れません。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

まぁ、私の浅知恵で考えたリスクなど、
国や有識者の皆さんは既に想定していることでしょう。

様々なリスクを低減し、
実用化の目途が立てば、
これほど楽しそうな発明はありませんからね!
期待して待ちましょう。

関連記事&スポンサーリンク

-運転技術・知識
-,

Copyright© 自動車&あいのりマニア! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.