スポンサーリンク




肩こり情報

肩こりの解消方法は病院が【ベスト】何科で治療する?

更新日:

肩こり 病院 治療 方法 何科

【肩こり】ごときで病院に行けない!
そう思われている方は意外と多いのではないでしょうか?

病気というよりは、
運動不足だったり、
日ごろの生活習慣が原因と考え、
なかなか病院に足が向かない方も多いかと思います。

  • 肩こりが酷くて、仕事にも支障をきたす
  • 日常生活でも気になって仕方がない

こんな症状が出ている方はもしかすると、
あなたの【肩こり】は病気の可能性があるかも?

病気であるならば、
原因がわかることで治療できるかもしれません。

 

どんな原因が潜んでいるのかもわかりませんので、
早め早めの治療を心がけることも大切です。

 

それでは、
肩こりの解消方法は病院が【ベスト】何科で治療する?
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

【肩こり】の治療は何科に行ったら良いの?

「肩こりがひどいので、病院に治療を受けに行きたい。」

さて、こんな時は何科を受診したら良いのでしょうか?

おそらくですが、
何となく整形外科に行かれる方が多いかと思います。

肩こりだけでなく、
頭痛や眼精疲労が併発していてれば
神経外科・脳神経科に行ったり、眼科、内科だったりします。

 

なぜ、こんなにも種類が多いかと申しますと、
肩こりは、単独の症状だけでなく、
肩から首、首から頭、精神的な部分、神経的な部分、
に影響してゆくからです。

肩こり症候群とでも呼ぶべきで、
複合的な症状が絡みあっているので、
その症状が強く現れている診療科で受診することもあります。

 

肩こりの原因がわからない、
まず、受診してみたいということであれば、
整形外科をお勧めします。

 

 

整形外科ではどんな方法で治療をするの?

実際に整形外科を受診するとどのような治療を受けるのでしょうか?
実体験に基づいて説明させていただきます。

 

肩こりパパが整形外科で治療した話

まず、レントゲン写真を撮り、どの部分が悪いのかを調べます。
「椎間板ヘルニアの気がある。」とか、
「ストレートネックだね。」とか色々教えてくれます。

日ごろから姿勢を良くして、
枕も合うものにして、
体重減らして、
運動もして・・・

とうように日常生活で気を付けるべきアドバイスをいただきます。

 

その後の治療ですが、
私の場合は【神経ブロック注射】という、
筋肉を弛緩させる液の入った注射を肩に打ちました。

直接、肩こりの部分に打つのでかなり効きます。
処方箋は、筋肉の緊張を和らげる薬と湿布をいただきました。

 

ブロック注射を打つと、数日間は肩がだいぶ緩くなった感じがします。
肩の可動域も広がり筋肉が柔らかくなっていることを感じます。

お医者さんが言うには、
このブロック注射が効いているうちに、
ストレッチをやるととても効果的だそうです。

 

スポンサーリンク

 

肩こりの症状がわかっている場合にはペインクリニックも

整形外科はどちらかというと、
総合的に肩こりを診断してもらいますが、
痛みを取ることに特化した【ペインクリニック】では、
注射で直接肩こりの原因を取り除くことに特化しています。

肩こり治療の注射には大きくわけて2種類あります。

  • 神経ブロック注射
  • トリガーポイント注射

 

【神経ブロック注射】は、
末梢神経に薬剤を作用させて
一時的に神経機能を遮断する治療です。
鎮痛効果・血行改善・筋弛緩効果などがあり、
痛みの悪循環を断ちきる効果にあります。

【トリガーポイント注射】は、筋肉の痛くなっている部分に
薬剤を注入する治療です。

最近では、トリガーポイントをエコーで探して
有効的な部位で薬液を注入する、
【エコーガイド下筋膜リリース】という治療もでてきています。

 

これらの治療は、
痛みを取り除くことにより、
【痛みの記憶】を無くすことにあります。

肩こりが慢性化している方は、
神経がそこが痛いものだと記憶しているそうです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

【肩こり】で何課で診察を受ければ良いのか説明してきましたが、
いかがでしたでしょうか?

【肩こり】は肩こり症候群とでも呼ぶべきで、
複合的な症状が絡みあっているので、
どの診療科を選ぶのか迷ってしまいますよね。

 

重症箇所があるのであれば、
それに該当する科に、

よく原因もわからないのであれば、
原因を探すことも含めて
【整形外科】を受診することをお勧めします。

自分の肩こりの原因がわかれば
対処の方法も検討できます。

 

また、肩こりの痛みを取り除くことが目的であれば、
【ペインクリニック】に受診する方法もあります。

いずれにしても、ひどい肩コリを放置しておいて
何も良いことはありません、
早めの受診をお勧めします。

関連記事&スポンサーリンク

-肩こり情報
-, , , ,

Copyright© 自動車&あいのりマニア! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.