スポンサーリンク




肩こり情報

猫背を治す方法まとめ!!マッサージとストレッチで【簡単】正しい姿勢造り♪

更新日:

猫背を治す方法 ストレッチ マッサージ 正しい姿勢猫背を治す方法と言っても、
長年の姿勢の癖も蓄積しているので、
簡単に治るものではありません。

猫背を治すのに早道は無くて、
時間を掛けて、治療していくしかありません。

 

肩こりパパは、猫背で、
重度の肩こりでしたが、
最近はだいぶ楽になってきました。

日々様々な方法を実践しているからです。

 

その中でも、効果的な方法を、
お伝えしていければと考えています。

それでは、
猫背を治す方法まとめ!!マッサージとストレッチで【簡単】正しい姿勢造り♪
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

猫背になると筋肉がガチガチに!

猫背の人は、大抵、背中や肩の筋肉も、
こり固まっています。

猫背は、肩こりを初めとして、
腰痛や頭痛の原因にもなり、
内臓や心肺機能にも悪影響を及ぼします。

 

見た目の悪さもさることながら、
何にも良いことがないのが猫背です。

猫背を治すにままずどうしたら良いでしょうか?
まず、ガチガチの筋肉をほぐすことです。

 

猫背解消法その①マッサージ

筋肉をほぐすのには、マッサージが手っ取り早いのですが、
腕の良い人に当たらないとなりません。

肩こりパパの経験上、本当に体の理屈を知っていて、
ちゃんと効いて体の凝りをほぐすマッサージをしてくれるのは、
極一部の方で、大抵は気持ち良さを重視したり、
ゴリゴリ力任せだったり、あんまりろくな人がいません。

 

それと、大切なのは日常的にマッサージを受けることです。

毎日のように受けるのは、金銭的に難しいです。
マッサージチェアでも中途半端で効果が薄いです。

 

マッサージを毎日手軽に行えて、効果的なのは、
ストレッチポール的なものです。
本物のストレッチポールでなくても派生製品で十分です。

本物は1万円近くしますが、
似たもので、2千円程度で購入できます。
それで問題ありません。

 

これを背骨に沿って下に敷き、
ぐりぐり横にずらしてマッサージするだけで、
背骨に沿ってある脊柱起立筋が緩みます。

実はこの筋肉を効果的にほぐすのは難しいのです。
ストレッチポール的なものなら、
自分の好きなようにほぐせます。
かなり効果的ですよ。

 

ついでに肩甲骨や肩の辺りも、
ぐりぐりしてマッサージします。
背中周辺の筋肉はまんべんなくほぐせます。

体全体もほぐせます。

猫背で凝り固まった筋肉を、
こりから解放できます。

 

猫背解消法その②ストレッチ

ストレッチポール的なものでも、
かなりのストレッチができますが、
更に日常的にストレッチを被せていきます。

肩甲骨はがしのような、背中をよく動かす、
ストレッチを中心にやっていくと良いでしょう。

 

一つのストレッチだけでなく、ちょっと違う角度で、
筋肉を伸ばしたり、複合的に行っていくのが良いです。

私のブログでいくつか紹介していますので、
こういったストレッチをいくつか試してみるのも、
よろしいかと思います。

 

スポンサーリンク

 

猫背解消法その③正しい姿勢

たぶん、これが一番難しいかもしれません。
マッサージやストレッチを行って、
筋肉もほぐれ、コリも無くなりました。

この時点で多少姿勢も改善されているのですが、
悪い姿勢の癖が残っていて、猫背が続けば、
永遠に追いかけっこをすることになります。

 

今私が悩んでいるのはここです。

 

ちょっとまだ、実践していないのに、
おこがましいのですが、
ためしてガッテンの情報によると、
姿勢強制ベルトが良いらしいです。

猫背治療の最終章として、
この姿勢矯正ベルトを取り入れていこうと考えています。

 

また、筋肉、特にインナーマッスルを鍛えることも、
正しい姿勢の維持には不可欠ということで、
プールで泳いでいます。

クロールでしばらく泳ぐと、
肩から背中の筋肉がほてって熱くなります。

こりにも効いているんだろうと思います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

肩こりパパという名前でブログを、
書かせていただいていますが、
だんだん肩こりとはおさらばし始めています。

それは、毎日、この記事に書いたようなことを、
実践して猫背も解消できるようになってきたからです。

 

肩こりが気にならない生活というのは、
本当に快適です。

今後の課題は、この状態を維持して、
もっと猫背を遠ざけていくことです。

関連記事&スポンサーリンク

-肩こり情報
-, , ,

Copyright© 自動車&あいのりマニア! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.