スポンサーリンク




日産車まとめ

日産ぶつからない車の技術が凄い!!【交通事故ゼロの世界】は実現できるのか?

投稿日:

ぶつからない車 日産 技術画像引用元:http://www.nissan.co.jp/NOTE/safety_shield.html

自動車、運転もお出かけも楽しいですよね♪
ただ、やっぱり怖いのが事故。
そんな事故を防ぐ為に自動車メーカー各社は日夜技術を進歩させています。

その中でも今回は日産が開発しているぶつからない車(セーフティシールド技術)に注目したいと思います!

ということで、
日産ぶつからない車の技術が凄い!!【交通事故ゼロの世界】は実現できるのか?
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

日産のぶつからない技術がスゴイ

『ぶつからない=事故を起こさない』ということですが、一口に事故と言っても様々なシチュエーションが想定されます。
日産では多角的に技術を開発されています。
順に見ていきましょう。

運転者のストレス軽減&高速での安全運転技術『プロパイロット』

『プロパイロット』という名前の最新の自動運転技術がスゴイです!

プロパイロットは前で走行している車との車間距離を把握することによって自動で前進や停車をしてくれる機能です。
この機能がどう活かされるかと言えば、渋滞している時。
渋滞時の運転を自動で走行してくれるので利用者の渋滞中のストレスが軽減され、前方不注意による追突事故も防いでくれます。

ただ、プロパイロットは高速道路での走行が前提条件となっている限定的な機能で、一般道などでは使用が出来ません。歩行者を感知するとプロパイロットが作動しないんですね。さらに天気が悪く視界が悪い時にも、その能力が著しく低下しますので使用を控ないと危険です。

限定的とはいえ、高速道路上ではぶつからない車が実現された訳です。渋滞のストレスが軽減されますし、家族での旅行などがもっと楽しくなるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

緊急避難!!『エマージェンシーブレーキ』

エマージェンシーブレーキとは、前方の車両や歩行者と衝突する可能性が起きた場合に、自動的で停止や減速をすることによって衝突を防いでくれるブレーキのことです。

ドライバーの長時間の運転などによって、注意力が散漫になってしまい、事故につながるというケースは多くありますよね。
そういう時に【衝突する前に自動でブレーキをかけ事故を防ぐこと】が出来るようになっています。

注意する点はプロパイロットと同じく、悪天候での視界が遮られている時などは歩行者や車両が検知できない場合があります。
あまり過信してしまうと危険ですので、やはり安全運転には気を付けないといけませんね。

しかし、この技術によってドライバーの不注意による事故はかなり減るでしょう。

駐車が苦手でも安心!!『アラウンドビューモニター』

バックモニターは今では当り前の技術と言えますが、このアラウンドビューモニターはさらにその上を行きます。
アラウンドビューモニターでは『車を上から見ているように見ることが出来る機能』で、駐車するのがメチャクチャ簡単になるんです。
さらにブザー機能もついているので、万が一操作をミスってしまった時にも安心です。

これなら駐車が苦手なアナタでも楽々バック駐車が出来てしまうかも!?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

日産ではぶつからない車の実現のために技術をたくさん開発しています。

どうしてもヒューマンエラーというものは起きてしまうものです。しかし、そのちょっとしたミスや不注意で命に関わってきてしまうのが運転です。これらを防ぐ為の技術開発は必須と言えますよね。
いつの日か交通事故ゼロの世界が来ると嬉しいですね。

これらの技術が完成したら、運転が下手な人でも、高齢者の方でも、安全に自動車を楽しむことが出来るようになるかもしれませんね!

関連記事&スポンサーリンク

-日産車まとめ
-, ,

Copyright© 自動車&あいのりマニア! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.