スポンサーリンク




日産車まとめ

日産の自動運転技術まとめ【プロパイロット機能が凄過ぎる!!】

投稿日:

日産 自動運転 技術画像引用元:http://www.nissan-global.com/JP/TECHNOLOGY/TOPICS/2015tms.html

いや全く、最近は一昔前のSF映画の世界になってきました。
自動車業界においても続々と自動運転技術が実装されていっております。

まだ部分的だったり、サポート的な部分だけだったりしますが・・・
この調子で技術開発が進んでいくと『完璧なオートパイロット状態の車』も登場してくるのではないでしょうか。
楽しみな反面、運転する楽しさが無くなっちゃうかな?(笑)

今回はそんな自動運転技術の中でも日産に注目したいと思います。

ということで、
日産の自動運転技術まとめ【プロパイロット機能が凄過ぎる!!】
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

日産の自動運転技術が登場したのはいつ?

最近では自動運転に関心があるという人が大分増えてきました。
これもひとえに日産の自動運転技術の進歩が一躍買っていることは言うまでもないことでしょう。

では、実際に初めて『日産の自動運転技術が搭載された車種』はどの車種だったのでしょうか?そう、皆様ご存知【2016年発表の新型セレナ】です!

この新型セレナに日産の自動運転技術の粋を集めた『プロパイロット』という機能が搭載されました。この発表によって一気に自動運転技術に対する関心が高まったんですね。

しかし交通事故防止の観点から、セレナ以前にも自動で車を検知して止まるシステムには多くの人が関心を持っていました。こういった自動支援システム自体は、セレナ以前から搭載されておりました。スバルのアイサイトなどがそうですね。

ですが運転支援システムだけでは、完全に交通事故を防ぐ事ができない事もある為か、想定ほど普及することにはなりませんでした。
※自動運転レベル2のセレナと自動運転レベル1である運転支援システムの間には埋まらないレベルの差が存在します。内閣府が自動運転技術の段階によって0~4まで技術レベルを設定しています。

プロパイロットとは

プロパイロットが最も優れている点は、日本初となる【高速道路の走行を自動運転技術によってサポートできる点】です。車間距離を自動で把握し、停車や発進を自動でしてくれてしまうんです!

さらに高性能カメラにより、車線や周りの車をしっかりと認識し、道路の中央を走行できるようになっています。

これらの機能によって高速道の渋滞にハマっても、いちいちアクセルを踏んだりブレーキを踏んだりしなくて済んでしまうんですね。

・・・メチャクチャ便利じゃね?
これは高速に乗る機会が多い人には嬉しいですよね。

 

スポンサーリンク

 

プロパイロットの仕組み

プロパイロットはどうやって車を自動運転させているのかと言えば、2つの画期的な先進技術によって実現されています。

  1. レーザースキャナー
  2. 8カメラシステム

それぞれ見てみましょう。

レーザースキャナーとは

レーザースキャナーとは『高精度3次元計測』によって、車両の周囲にある物体との距離を正確に計測する機能です。
主に車体周辺の近距離を計測するものになります。

8カメラシステム

8カメラシステムはレーザースキャナーが近距離用に対し、遠距離用の計測機能になります。
360度を見渡しつつ、道路の先を確認することにより、カーブや交差点での進行方向の調整が可能になるのです。

とはいえ、これらの技術の粋であるプロパイロットは『高速道路での使用を前提』とした機能になります。
まだまだ歩行者や信号がある市街地や一般道での使用は出来ません。
限定的な機能と言えますね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

自動運転技術のリスクはまだまだ解消すべき部分が残っているでしょうから、まだ『完全なるオートパイロット!!』は実現できませんが、それでも未来技術を感じることが出来て非常に楽しいですよね!

もっといけ、日産!

おまけ:プロパイロット技術を使用した順番待ち用イス。
(正式名:プロパイロットチェア)

関連記事&スポンサーリンク

-日産車まとめ
-, ,

Copyright© 自動車&あいのりマニア! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.