スポンサーリンク




自動車の歴史

国産自動車の歴史まとめ!!~日本車メーカー各社の歩み~

更新日:

国産 自動車 歴史
国産初のガソリン自動車「タクリー号」

画像参照元:https://www.toyota.co.jp/Museum/collections

 

日本の自動車の歴史は、
古くは、明治37年にまで遡ります。

国産自動車の第一号は、蒸気機関によるものでした。

今では、自動車大国になった日本ですが、
戦前・戦後の黎明期には、
各社共、大変苦労されたようです。

それでは、
国産自動車の歴史まとめ!!~日本車メーカー各社の歩み~
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

日本の国産自動車の歴史

  • 1904年 山羽式蒸気自動車(国産第1号)
  • 1907年 有栖川宮威仁親王殿下がオートモビル商会を設立
    日本車初のガソリン自動車「タクリー号」
  • 1907年 発動機製造株式会社が設立
    ダイハツ
  • 1909年 鈴木式織機製作所が設立
    スズキ
  • 1910年 東京瓦斯会社(東京ガス)機械部門がトラック生産を開始
    日野自動車、いすゞ自動車
  • 1911年 快進社自動車工場が設立
    日産の源流
  • 1912年 白楊社が設立
    トヨタの源流
  • 1914年 快進社が国産乗用車の第1号「ダット号」完成
  • 1917年 三菱造船(三菱重工業)として独立、乗用車生産開始
    三菱自動車
  • 1920年 東洋コルク工業株式会社が設立
    マツダ
  • 1925年 快進社解散
    →技術者は日産
  • 1926年 ダット自動車製造株式会社が設立
    「ダットサン」誕生
  • 1927年 東洋コルク工業が東洋工業株式会社に社名変更
  • 1928年 白楊社が閉鎖
    →技術者はトヨタ
  • 1931年 ダット自動車
    戸畑鋳物株式会社(日立)の傘下に
  • 1932年 ダットサン商会が設立
    日産の前身
  • 1933年 豊田自動織機製作所自動車部が設立
    トヨタの前身
  • 1934年 自動車製造株式会社が日産自動車に社名変更
  • 1937年トヨタ自動車工業株式会社として独立
  • 1937年 東京瓦斯会社は自動車工業と合併し東京自動車工業に
  • 1941年 東京自動車工業がヂーゼル自動車工業に社名変更
  • 1942年 ヂーゼル自動車工業から日野重工業が分社
  • 1945年 第二次世界大戦終戦
  • 1948年 本田技研工業設立(ホンダ)
  • 1949年 ヂーゼル自動車工業がいすゞ自動車へと社名変更
  • 1951年 発動機製造株式会社がダイハツ工業株式会社へ社名変更
  • 1952年 プリンス自動車が誕生(中島飛行機系)
  • 1953年 富士重工業(スバル)が誕生
    (旧中島飛行機系5社が合併)
  • 1954年 鈴木自動車工業株式会社に社名変更
  • 1966年 日産とプリンスが合併
  • 1970年 三菱重工業から三菱自動車が独立
  • 1982年 トヨタ自動車工業株式会社に社名変更
  • 1984年 東洋工業株式会社がマツダ株式会社へ社名変更
  • 2003年 三菱ふそうトラック・バス株式会社が、
    三菱自動車から独立

1925年にアメリカのフォード・モーターが、
1927年には、ゼネラルモーターズ
が日本に工場を設け、日本向けの、
トラックや自動車の多くを生産してました。

1935年に国防の観点から自動車製造事業法が、
制定されると、フォードやゼネラルモーターズは、
操業できなくなり撤退することになります。

自動車は、戦後になって、
急激なペースで売上げを伸ばし、
1926年(大正15年)には40,070台程度だった、
日本の自動車保有台数は、
1963年には、8,123,096台にもなりました。

 

1980年には、日本の自動車生産台数が世界ナンバー1となり、

アメリカとの間に貿易摩擦を引き起こしました。

その為、貿易摩擦(ジャパンバッシング)が激化し、
円高、相手国に関税、輸入制限が設けられるようになり、
現地生産が開始されました。

絶頂期を迎えた日本車でしたが、
バブル経済の崩壊により、
長い低迷の時代を迎えることになります。

 

スポンサーリンク

 

日本の自動車メーカー各社の創業の流れ

ダイハツ工業株式会社

大阪高等工業学校(現在の大阪大学工学部)
の学者や技術者が工場用大型エンジン製造のために設立、
オート三輪が売れる。

 

鈴木自動車工業株式会社(スズキ)

創業者:鈴木道雄

創業は戦前だが、自動車開発は戦後。

元々は、織機の製造メーカー。
1952年に輸送用機器に進出、ホンダを参考に、
バイクの生産を始め、軽自動車の開発も始める。

 

日産自動車株式会社

創業者:鮎川義介
大元のルーツは、1911年に橋本増治郎が設立した、
『快進社自働車工場』に遡る。

快進社と実用自動車製造は、
1926年に合併しダット自動車製造となり、
1931年に戸畑鋳物株式会社(社長:鮎 川義介)
の傘下に入り、2年後、日産自動車の設立。

 

トヨタ自動車工業株式会社

創業者:豊田喜一郎

自動織機で成功を収めていた、
豊田喜一郎が、欧米に出張した際に、
黎明期だった自動車産業の発展すると考え、
自動車部を設立した。

 

三菱自動車

三菱財閥の自動車開発部門として出発。

重工業企業として、
日産やトヨタの部品製造を請け負うことにより、
自動車製造の技術を蓄積し、
開発に携るようになる。

 

マツダ

創業者:松田重次郎

元々、コルク加工メーカーだったが、
機械工作にも携るようになり、オート三輪にも参入。
大きく売上げを伸ばし、基盤を築く。

 

本田技研工業株式会社(ホンダ)

創業者:本田宗一郎

終戦後、払い下げの軍用小型発電エンジン
で原付バイクを作り始め、自社でも、
エンジン開発を手掛けるようになる。

2輪オートバイで、成功し、
4輪自動車にも携るようになる。

 

富士重工業株式会社(スバル)

富士重工業の自動車部門。

航空機メーカーである中島飛行機が元。

大人4人が乗れて、遠くまで壊れずに走る大衆車、
というコンセプトで、
小型で格安の軽自動車「スバル360」
を作り出す。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

時系列で、国産自動車の歴史を追ってみると、
現在は同じ自動車を生産する、
メーカーでも成り立ちは、
かなり違うのがわかるかと思います。

改めて、各自動車メーカーの
ルーツを探ってみるのも、
興味深いものですね。

アメリカの自動車史も深い・・・

関連記事&スポンサーリンク

-自動車の歴史
-, ,

Copyright© 自動車&あいのりマニア! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.