スポンサーリンク




肩こり情報

四十肩【原因とツライ症状】治し方まとめ!

更新日:

四十肩 原因 治し方 症状

発症すると、激しい痛みを伴うこともある40肩。
夜も寝れなくなり、うつ病になる方もいらっしゃいます。

また、痛みが引いても、発症後の経過によっては、
肩関節の動きが制限されるようになってしまいます。

 

痛みは、その期間だけで済みますが、
40肩のせいで、肩を思うように、
動かせなくなったら嫌ですよね。

病状を適切に判断して、合った治療を施すことが、
重要になってきます。

 

それでは、
四十肩【原因とツライ症状】治し方まとめ!
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

四十肩ってどんな病気?どんな症状が出るの?

四十肩と聞くと、
五十肩を思い浮かべる方も多いかもしれません。

この2つの病気の違いは、
発症する年齢の違いです。

 

40代で発症すれば四十肩。
50代で発症すれば五十肩。
この違いだけです。

四十肩は俗称で、
保険適用の正式名称では、
【肩関節周囲炎】と呼ばれます。

 

四十肩=肩関節周囲炎

  • 腱板炎
  • 腱板断裂
  • 石灰性腱炎
  • 上腕二頭筋長頭腱炎
  • 変形性関節症
  • etc

 

四十肩は、肩関節周囲炎という、
複数の病気の総称ですから、
それぞれに、症状の出方は異なります。

だんだん、肩の可動域が狭まり、
少しづつ痛みを増していく場合があれば、

急に激痛が奔り、痛みで夜も寝れなくなる。
なんてこともあります。

 

いずれにしても、肩の可動域が狭まり、
日常生活で、シャツを着るという行為だけでも、
腕が上がらず困難になります。

 

スポンサーリンク

 

実は怖い四十肩!

40肩は癌や心筋梗塞と違い、
命を奪われるような病気ではありません。

そのせいもあって、軽視される傾向にあり、
【ほっとけば直る】なんて人もいたりします。

 

ただ、ちょっと待ってください。
確かに、痛みは炎症の治まりと共に引きます。

だけど、適切な治療をしないと、
一生、腕を思うように動かせなくなる、
可能性があります。

 

痛くても、可動域を確保する為に動かす!

四十肩の初期で、炎症の激しいうちは、
痛み止めの対症療法しかできません。

しかし、この期間で痛みをかばうことで、
肩関節を動かさないでいると、
肩関節の中にある関節包に癒着が生じてしまいます。

 

炎症のピークを過ぎて、回復をし始まったら、
痛くてもこの癒着を剥すために、
肩を動かすリハビリをします。

一生、肩関節の可動域が元に戻らないなんて嫌ですよね?

 

この期間の治療の仕方如何では、
関節包の癒着を剥すために、
医師による外科的処置が必要になることもあります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

40肩についてまとめてみましたが、
いかがでしたでしょうか?

四十肩の症状による痛みは、
6週間~9ヶ月と言われています。

 

期間が長ければ長いほど、
肩関節の癒着が増え、
元の可動域に戻すことが困難になります。

医師の適切な処置を受け、
リハビリをきちんと行い、
できるだけ、肩の可動域を復活することが、
必要になってくるのです。

関連記事&スポンサーリンク

-肩こり情報
-, , ,

Copyright© 自動車&あいのりマニア! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.