スポンサーリンク




肩こり情報

肩が痛い時の原因は【マサカの○○だった!!】アナタは大丈夫?

更新日:

肩が痛い 原因
肩が痛い。
どうやら、単なる凝りとは違うらしい。

原因不明の肩の痛みに襲われた時には、
肩の病気を疑ってください。

 

可動域の広い、肩回りの関節や筋肉は、
複雑な構造になっていて、
それだけに長年の疲れを、
溜めやすくなっています。

時には、激痛を引き起こすこともあります。
最初は、肩の違和感から始まり、
徐々に痛みが増してくる方もいらっしゃいます。

 

それでは、
肩が痛い時の原因は【マサカの○○だった!!】アナタは大丈夫?
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

肩が痛い場合の原因とは!?

可動域の広い肩の関節、
その周りの筋肉は、繊細にできています。

原因は、筋肉バランスの乱れや、
不合理な動作による一定部位への負荷が、
蓄積され生じるそうです。

 

筋肉が緊張して、血流が悪くなる肩こりも、
影響を及ぼす可能性があります。

加齢と共に、肩へのダメージが蓄積され、
40才50才になった頃に発症します。

 

肩が痛くなる病気の種類

  • 腱板炎
  • 腱板断裂
  • 石灰性腱炎
  • 上腕二頭筋長頭腱炎
  • 変形性関節症
  • etc

これらの肩が痛くなる病気を総して、
【肩関節周囲炎】と呼びます。

【五十肩(四十肩)】は、
【肩関節周囲炎】の俗称になります。

 

五十肩(四十肩)予防法

普段から、肩に負担を掛けないようにする。
肩こりをするような生活習慣を改善する。

原因は、筋肉バランスの乱れや、
不合理な動作による一定部位への負荷が、
蓄積され生じるそうです。

 

筋肉が緊張して、血流が悪くなる肩こりも、
五十肩に影響を及ぼす可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

もし肩が痛くなってしまったら・・・

肩の痛みの起こり方は様々ですが、
五十肩(四十肩)は、激痛を引き起こすことがあります。

特に【石灰性腱炎】になった場合が、
ひどく、夜も寝れないぐらいの、
肩の痛みを伴うそうです。

 

あまりの痛さに、精神疾患になり、
うつ病を併発することもあるそうなので、
我慢せずに整形外科に行ってください。

初期の炎症がおきて、
痛みが激しい時期には、
対症療法として痛み止めを、
処置します。

 

五十肩(四十肩)になると、
肩の可動域が狭くなってくることも特徴です。

発症して、そのまま放置しておくと、
肩の関節が固まってしまって、
治りが遅くなる恐れがあります。

 

病院の医師の指示にしたがって、
腕を動かす、リハビリを行います。

肩が痛くても、動かさなければ、
ならないのが辛いですが、
早期に治すためにも必要な処置です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

肩の痛みの裏には、
五十肩(四十肩)という、
病気が潜んでいる可能性が大きいです。

肩へのダメージの蓄積が、
引き起こす病気なので、
日ごろの生活習慣を改善することで、
予防につながります。

 

また、発症した際には、
激痛を引き起こすことがありますので、
我慢せずに整形外科に行ってください。

鎮痛剤を処方してくれますので、
肩の痛みが和らぐはずです。

関連記事&スポンサーリンク

-肩こり情報
-,

Copyright© 自動車&あいのりマニア! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.