スポンサーリンク




運転技術・知識

初心者が知っておくべき自動車【基本マナー】まとめ

投稿日:

自動車 運転 マナー 基本 初心者

自動車の運転においては、
教習所で教わった内容、
免許を取る際に覚えた内容。

これらだけでオッケー!
・・・ではありませんよね。

しかし、
そんなの初心者マークで運転している方は、
分かりませんよねw

そんな方の為に、
教習所などでは教えてくれない、
知っておくべきマナーをおさらいしましょう。

ということで、
初心者が知っておくべき自動車運転の【基本マナー】まとめ
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

公道での暗黙のルールまとめ

冒頭で書いた通り、
教習所の庇護を離れ実際の公道に出た際、
「何も知らない!」
「え?え?どうしたらいいの?」
って状況に陥りかねません。

基本的なルールを覚えておきましょう。

サンキュー!ハザードとは

普通に運転に慣れている方なら、
誰でも知っている代表的なマナー。

それは『サンキューハザード』です。

『混雑している道路で、
車線変更で入れてくれた!』

これが一番使用頻度の高い用途ではないでしょうか。

右左折の時などの譲り合いであれば、
目線を合わせての一礼や、
手を上げてのお礼も出来ますが、
前方の車線に入ってしまうと、
感謝の意が伝えにくいですからね。

それゆえのハザードです。

右左折時や譲り合いの時の礼

前項でも少し書きましたが、
「え、譲って下さるんですか!?」
「ありがとう!!」
という感謝の意を表すために、
小さく会釈したり、
手を上げたりする行為です。

運転手がお互いを視認できるときに用いる方法です。

サンキューホーン(クラクション)

これは賛否が分かれる方法です。

ハザードや一礼などではなく、
クラクションを『プッ』と軽く鳴らすことにより、
感謝の意を表現する方法になります。

暗い夜道などで、
相手を視認できない時などに、
一礼などの代わりに使用されます。

しかし上にも書きました通り、
この方法は賛否が分かれています。

何故ならば、
クラクションは、
『警告の意味合い以外での使用が道交法で禁じられているから』
とすること。

加えて、
『クラクションの音にビックリする/夜間はうるさい』
などの理由が挙げられます。

ただ、私なりの見解を示すのであれば、
道交法に照らし合わせるのは、
いささかナンセンスなのでは?
と思います。

なんでもかんでも違反じゃーーー!!!
道交法に書いてあるダローーーー!!!

とするのも、ねぇ?
そもそも道交法で定めていることの解釈としては、
歩行者やその他のドライバーを驚かしたりだとか、
「パパラ パラパラ パラ パパラー!」と、
暴走族がゴッドファーザーを奏でたりする時の、
騒音被害を防ぐ為だと思われます。

であれば、
『プッ』という単音であれば、
大きな道路などでは、
そこまで被害ではないのではないでしょうか。

バス運転手さんも使っている時ありますしね。

しかし、
これもまたTPOであり、
夜間の住宅地などで行えば、
騒音被害と言えるでしょう。

夜間の山道などでは、
大いに使用しても良いのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

パッシング

パッシング。

ハイビームへの切り替えを瞬時に行うことにより、
相手への合図とする方法です。

右左折時などに、
「お先へどうぞ!」と譲る用途で使われます。

まぁその他の用途としては、
ほとんど使われることもないですが、
「テメー、何割り込んでんじゃい!!」と、
パシャパシャしたりとか、
「バスジャックだ!!!助けて!!!!!」
なんて場合が考えられるようです。

前者はちょっと、ガラ悪過ぎですし、
後者は後者で、
なかなか遭遇する機会は少ないでしょう。
(とはいえ西鉄バスジャック事件などの前例もあります)

 

スポンサーリンク

 

まとめ

自動車運転の初心者さんが抑えておきたいマナーでした。

まぁ、
まとめておいてなんですが・・・・

『習うより慣れよ』が一番です(笑)

「運転に自信がない・・・・」

そんな方は、
知識を調べるのもいいですが、
公道で運転する機会を増やしてみましょう♪

関連記事&スポンサーリンク

-運転技術・知識
-, , , ,

Copyright© 自動車&あいのりマニア! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.