スポンサーリンク




車情報

カタログ燃費が実燃費と【違い過ぎる理由】は○○にあった!?

更新日:

カタログ燃費 実燃費画像転用元:http://www.meidensha.co.jp/knowledge/know_03/

みなさん、
「買う前に思っていたより燃費が悪い・・・」
「全然カタログ燃費に届かないんだけど?」
そんな風に思ったことは誰でもあるハズです。

これ、意味不明ですよね。
なんでカタログ燃費と実燃費が異なってくるのでしょうか。

今回はそのあたりを解明していきたいと思います!

それでは、
カタログ燃費が実燃費と【違い過ぎる理由】は○○にあった!?
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

日本とアメリカ、それぞれの燃費基準の違い

現在、
カタログ燃費と実燃費が違うのは、
半ば公然の事実になってしまっています。

とは言え、車を選ぶ際の指標になるので、
目安として購入される方も多いかと思います。

新型プリウスEグレードは、
日本の燃費基準のJC08モードで測定すると、
40.8km/Lと驚異的な数値が出ます。

しかし、一方アメリカのEPA(連邦環境保護庁)に、
申告された数値は、23.8km/Lなんです。

実燃費に近いのはアメリカの燃費基準。

おいおいトヨタさん、このダブルスタンダードは、
何なの?とツッコミを入れたくなりませんか?

自動車メーカーが悪いわけではないんだけど。

これには燃費を図る基準に謎を解くカギがあったのです。

甘々な日本の燃費基準

要素 10・15モード JC08モード EPA燃費
平均速度 22.7km/h 24.4km/h 44.62km/h
最高速度 70km/h 81.6km/h 128.75km/h
所要時間 660秒 1204秒 5700秒
走行距離 4.165km 8.172km 70.65km/h

日本とアメリカの燃費基準を比較した表です。

冒頭の写真のシャシーダイナモに載って、
車を走らせて測定するんですね。

左から日本の旧燃費基準10.15モード、
真ん中が現行基準のJC08モード、
そして右がアメリカの基準であるEPA燃費です。

もう、比較にならないぐらいアメリカの基準が、
厳しいのがわかりますよね。

これ以外にも、EPA基準だと、
車が冷えた状態からスタートしたり、
より車にとって過酷な条件になっています。

どれが実燃費を表すのかも一目瞭然ですよね。

 

スポンサーリンク

 

なぜ、アメリカの燃費基準は厳しい?

プリウスEのカタログ燃費、
40.8km/Lと23.8km/Lでは、
どちらの方が、見栄えが良いですか?

当たり前ですが、40.8km/Lですよね。

言い方が悪いかもしれませんが、
自動車メーカーもそれは分かっていて、
見せかけの数字でも高いほうが、
インパクトがあり販売にも繋がりやすいことを知っています。

 

ただ、アメリカの社会はそれを許さないんですね。

アメリカは勝訴社会です。

広告で誤解を与え、商品を買わせたとなると、
訴えられ、多額の賠償金を、
払わなければならない恐れがあります。

だから、なるべく信頼できる、
実燃費に近い数字を上げる測定試験を行うわけですね。

 

ちょっと日本人騙されていませんか?

ここまで読んでみて、
ちょっと日本人は騙されていませんか?

日本のJC08モードだと、高燃費の車ほど、
実燃費との乖離が大きくなる傾向にあります。

ハイブリッドカーだと実燃費は、
6割程度にしかなりません。

これって燃費を反映していると言えますかね?

日本では、ハイブリッドカーが売れに売れて、
車販売台数の1位と2位は、
トヨタのプリウスとアクアが独占状態ですが、
カタログ燃費のインパクトが一役買っていることは、
否めないと思います。

 

2018年からは、WLTP基準へ

そんな中、日本は2018年から、
現行のJC08モードでは、正確に実燃費を反映できないとして、
燃費測定の国産基準方法である「WLTP」
に移行することが決まっています。

現在の燃費試験は、国によってバラバラなのですが、

この方式が世界で広まれば、国際基準を導入した国においては、
必要なデータ取得が1度で済むようになり、
メーカーの負担が減るメリットもあります。

アメリカEPAほど厳しい基準ではありませんが、
日本の甘々なカタログ燃費の是正に繋がればいいですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

アメリカのEPA燃費が正しいとは言いません。

あくまで試験なので、実走行を反映することは、
難しく予測でしかありません。

しかし、日本の燃費基準が甘過ぎるのは、
周知のところだと思います。

各自動車メーカーの責任ではなく、
あくまで国の方針なのですが、
日本は自動車大国ですし、販売促進のために・・・
なんてのは勘ぐり過ぎなんでしょうか?

関連記事&スポンサーリンク

-車情報
-,

Copyright© 自動車&あいのりマニア! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.